[依頼者・ユラは何者?] サブ任務22「闇夜に浮かぶともしび」を考察!!

ポケモンレジェンズアルセウスポケモン

サブ任務22「闇夜に浮かぶともしび」はミカルゲを出現させるため、ヒスイ地方各地に散らばる107個のともしびを集める任務です。

ヒントもなく107個のともしびを見つける「苦行」とも呼ばれるこの作業には手を焼いた人も多いでしょう。

この任務で鍵となるのが、任務の依頼者であるコトブキムラの「ユラ」です。

一見コトブキムラの子供に見えますが…彼女は何者なのでしょうか?

本記事ではこの「闇夜に浮かぶともしび」とユラの関係について考察していきます。

サブ任務が解放されると、コトブキムラで主人公に少女が話しかけてきます。

この少女が「ユラ」です。

ユラは以下のように話し、主人公に封印を元に戻して欲しいと訴えます。

ユラ
ヒスイに災いが散らばったの
数百年前 ヒスイの地に災いを起こしたものが封印されたの
だけど どうしてだか封印の不思議な術が解けちゃった……

スポンサーリンク

ともしびは死者の魂?

ユラの依頼でともしびを107個探すと、要石の前でイベントが発生します。

ユラはともしびが本当は108個存在することを告げ、

「不思議な術を使った旅人も もう許してくれるよね……」

と言い残して姿を消します。

ユラが姿を消した後出現する108個目のともしびを集めると要石が消え、ミカルゲが出現。

こちらの記事で考察していますが、ミカルゲは108個の魂が集まってできたポケモンです。

つまり、主人公が集めていたのはミカルゲの一部、死者の魂だったのです。

スポンサーリンク

ユラの正体

以上の話から、ユラの正体は「108個目の魂」つまり霊である可能性が高いと考えられます。

それも善良な霊ではなく悪霊の類と考えられます。

ミカルゲはかつて性悪の魂が混ざって悪さをしていたところ、要石に封印されてしまったポケモンです。

ユラ自身、自分のことを「災いが散らばった」と説明するほか、

「ともしび集めが最後のいたずら……つきあってくれて ありがとう」

と言っています。

ユラという名前も霊などを想像することができますし、彼女自身はミカルゲの一部で、長い封印の時を経て反省したのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ユラの発言「不思議な術を使った旅人も もう許してくれるよね……」から考察すると、ミカルゲは反省し、災いを起こすような存在ではなくなったのでしょう。

もしかするとコトブキムラで「ポケモンの扱いに長けた人物」を探していたのかもしれません。

主人公に自らの封印を依頼して、任務達成後に捕獲可能になるのは「主人公の管理下で」自由になることを望んだのかもしれませんね。

コメント (Comments)

PAGE TOP