秤金次を解説!術式、領域展開、何級かを考察![呪術廻戦]

秤金次呪術廻戦

呪術廻戦の中でも人気のキャラクターの一人が秤金次(はかりきんじ)です。

あの五条悟が「僕に並ぶ術師となる」と評しており、乙骨は「ノっている時は僕より強い」と認める程の実力を持っています。

この記事では、秤金次(はかりきんじ)の術式や領域展開、強さ、何級かなどを解説していきます。

基本情報

まずは秤金次の基本情報についてまとめていきます。

年齢18 or 19歳
身長約184センチ
術式玉やシャッターを出す
領域展開坐殺賭徒(ざさつばくと)
名前の由来ギャンブラーだから
好きなもの熱、ギャンブル、漫画
等級不明
声優不明

秤金次の年齢は18歳か19歳です。

これは、呪術廻戦18巻で星綺羅羅が「金ちゃんは中学ダブってる」と発言していることからわかります。

秤は3年生であるため、誕生日が(死滅回遊が始まった)11月よりも前だったら18歳で、11月より後だったら19歳ということになります。

身長は公式発表はされていませんが大体184センチ前後だと推察されます。

まず、呪術廻戦18巻の描写から、虎杖の身長が秤の目の高さ位であることがわかります。

そして公式ファンブックを見ると、七海(184センチ)の目の高さが虎杖の身長くらいです。

引用:呪術廻戦18巻、公式ファンブック

したがって、秤の身長は七海と同じく184センチくらいではないかと推察されます。

また公式ファンブックにて、秤の名前の由来は「ギャンブラーだから」と明かされています。

実際、呪術廻戦18巻にて秤は「熱を愛している」と述べており、その熱をダイレクトにやりとりする手段として「ギャンブル」も愛しているとのことです。

他にも、秤は意外にも漫画好きだということが明かされています。

秤が漫画好きになった理由は、オタクな外国人友達の影響とのことです。

呪術廻戦189
引用;呪術廻戦189話

この「秤が漫画好き」という設定は、vs鹿紫雲戦で役立っています。

つまり、鹿紫雲の呪力が電気の特性を持っていることから、海に落とせば電気を漏出すると考えたわけです。

この電気使いが海に弱いという設定はジョジョの奇妙な冒険が元ネタなのではないかと思われます。

ジョジョの5部に登場するレッドホットチリペッパー(体が電気でできているキャラ)は、海に落ちると電気が漏出して力を失っていました。

秤は漫画好きであるため、ちゃんとジョジョも読んでいたのだと思われます

以上が秤の基本情報になります。

スポンサーリンク

強さと等級

まずは、秤の強さについて考えていきます。

呪術廻戦17巻にて、乙骨が「ノっている時は僕より強い」と述べた後に真希が「それはナイ」と否定しているやりとりを見る限り、の強さは乙骨と同等、またはやや下くらいではないかと推察されます。

ノっている秤
引用:呪術廻戦17巻

そして乙骨が3ヶ月で特級に返り咲いたことを考えると、乙骨の実力は特級の基準よりだいぶ上だと考えられます。

したがって、特級上位の乙骨と同等/やや下である秤の強さは特級クラスである可能性が高いと思います。

実際、1級である七海冥冥東堂は領域展開を会得していませんが、秤は会得しています。

このことからも、秤の強さは特級に近いと推察されます。

しかし現時点では、秤が何級かについての公式発表はありません。

特級が五条夏油乙骨九十九の4人であることが確定しているため、秤の等級は1〜4級のどれかです。

しかし、秤の術式は昔ながらの呪術感がないという理由で上層部から嫌われており、さらに秤は保守派をボコったことが原因で停学処分となっています。

つまり、秤は上層部にメチャクチャ嫌われていると考えられます。

また真希の状況を見る限り、上層部や御三家に嫌われると等級を上げてもらえない可能性があるため、秤の等級は全く予想がつきません

実力的には(特級でないなら)間違いなく1級ですが、上層部の嫌がらせで2級とか3級とかの可能性もありそうです。

新しい情報が入り次第追記していきます。

スポンサーリンク

術式と領域展開

秤の術式の名称は今のところ明らかになっていません。

秤の術式の効果としては、シャッターやパチンコ玉を出して攻撃できることがわかっています。

呪術廻戦183話
引用:呪術廻戦183話

しかし、虎杖がシャッター攻撃を喰らってもほとんどダメージを受けていないことから、シャッターやパチンコ玉による攻撃自体に火力があるわけではなさそうです。

実際、秤の戦闘スタイルは殴る・蹴るが主体で、シャッターやパチンコ玉はほとんど使用していません。

おそらく、秤の術式は領域とセットで使用するものだと考えられます。

領域とセットで使うという点は、ちょうど日車の術式と似ています。

日車の術式は必中効果のみを持った領域「誅伏賜死」がデフォルトで備わっていました。

日車の領域
引用:呪術廻戦19巻

秤の領域も必中効果のみが備わっており、必殺効果はありません。

実際、呪術廻戦187話では「秤の領域は必中の術式効果が無害であるため、領域の押し合いに強く、術式の発動が速い」と説明されています。

あの鹿紫雲ですら彌虚葛籠(いやこつづら)の展開を諦める程の術式発動の速さです。

そんな秤の領域の名前は「坐殺博徒(ざさつばくと)」です。

坐殺博徒の効果は、「パチンコ台を顕現させ、大当たりが出ると秤にボーナスが入る」というものです。

坐殺博徒の発動中に秤が能力を発生させる(シャッターやパチンコ玉を出して攻撃を行うこと)によってリーチがかかり、そこからさらに1/239の確率で大当たりとなります。

呪術廻戦183話
引用:呪術廻戦183話

大当たりを引ける確率が1/239とかなり低めに設定されているため、それが縛りとなって大当たりボーナスはかなり強力なものとなっています。

例えば、vs鹿紫雲戦では大当たりボーナスとして「4分11秒間の呪力の無制限化+全自動反転術式が得られることが判明しています。

つまり、大当たりボーナス中は秤は不死身となります。

まさに、ノっている時は乙骨よりも強いというわけですね。

また、大当たりボーナスの間に焼き切れた術式が回復するため、連続で領域を展開することができます。

呪術廻戦186話
引用:呪術廻戦186話

以上が秤の術式と領域の解説になります。

さすがは五条悟が「僕に並ぶ術師になる」と評価しているだけのことはありますね、、、、

スポンサーリンク

名言

・俺は”熱”を愛している

・生きることはギャンブルだ

・…”熱”に嘘はつけねぇ

・適度に楽しむ博打(じんせい)なんて、ありえねえこった

・いーや攻めるね!!
不死身時間終了間際に、一度海から出て立て直すか攻め続けるかを判断する場面のセリフ

・左腕は捨てたのさ!!それ以外を生かすために!!
鹿紫雲の攻撃を、左腕を捨てる”縛り”によって凌いだ時のセリフ

スポンサーリンク

おわりに

以上で秤金次の強さや術式、領域展開の解説を終了いたします。

他の記事では、秤の領域展開の掌印の元ネタの考察や、九十九由基の強さと術式の解説もしています。

こちらの記事もぜひ°一読ください!!

Comments