五条悟を徹底解説!術式、領域展開、強さなど考察

五条悟呪術廻戦

呪術廻戦の中でも最強の術師とされているのが五条悟(ごじょうさとる)です。

蒼・赫・茈の高火力攻撃に加えて、一撃必殺の領域展開、無下限呪術によるオートガード、六眼による術式の看破、呪力切れを起こさない反転術式による回復といったまさにチート能力を有しています。

そこでこの記事では、五条悟の身長や声優といった基本情報から、術式、領域展開、六眼、死亡/復活説まで徹底解説をしています。

基本情報

まずは五条悟の基本情報についてまとめていきます。

年齢28歳
誕生日12月7日
身長191センチ
性格陽気、生徒想い
呪術界の変革
一人称俺(高校生時)→ 僕(現在)
術式無下限呪術
領域展開無量空処
趣味・特技なし(なんでもできるため)
好きな食べ物甘いもの
苦手な食べ物アルコール
ストレス上層部絡み
声優中村悠一

五条悟の年齢は28歳です。

呪術高専時代の同期には、夏油傑家入硝子がいます。

五条と夏油と家入
引用:呪術廻戦8巻

そして、五条悟の誕生日は12月7日です。

死滅回游が始まったのが11月1日ですので、死滅回游の最中に誕生日を迎えるかもしれません(ただし五条が封印されている獄門疆の中は物理的な時間が流れていないため、生物学的な年齢はまた別かもしれませんが、、、、)。

12月7日が誕生日の有名人としては、羽生結弦、 いしだ壱成、 香川照之などが挙げられます。

そして、五条悟の身長はおよそ191センチであることが公式ファンブックの身長表から読み取れます。

五条悟と近い身長のキャラクターとしては、東堂葵(191センチ)やパンダ(192センチ)が挙げられます。

五条悟の性格は基本的には陽気です。

実際、ボロボロの伏黒を写真に撮っていたり、虎杖が復帰する際にサプライズを仕込んだり、漏瑚に対して「君、弱いもん」と煽ったりと、たとえシリアスな場面でも気にせず陽気に振る舞っています。

また、真人を見た七海が「絵に描いたような軽薄さ」というセリフと共に五条を思い出していた場面や、伏黒が五条に助けられた過去を思い出しながら「ムカつくよ、あんたのそのデリカシーのなさが」と述べている場面から、五条は軽薄とも思われているようです。

実際、公式ファンブックで「五条は、恋人はほしくないのですか?」という質問に対して、作者が「五条が特定の女性に対して誠実になるイメージが湧かないです」と回答していました。

このように五条は陽気、軽薄と思われていますが、一方では五条は生徒想いでもあります。

実際、虎杖や乙骨は五条が上層部に交渉したことで救われていますし、伏黒が禪院家に売られるのを阻止したのも五条でした。

また、虎杖が上層部の陰謀で抹殺された時は「いっそ上の連中殺してしまおうか」とマジで怒っていました。

このように生徒想いである五条ですが、それは五条の目標である「呪術界の変革」と関連しています。

実際、五条のストレスの欄には「上層部絡み」と記載されていますし、五条は呪術界の上層部を「腐ったみかんのバーゲンセール」と表現しています。

五条は最強なので上層部を皆殺しにすることはできますが、それではトップが変わるだけで本質的な変革は起きないと五条は考えています。

だからこそ、力以外の方法で変革を起こすために強く聡い仲間を育成することに励んでいるというわけです。

ちなみに、力があっても変革を起こせないということは、高専時代に最強になった五条が親友の夏油を救えなかったことに対して「俺だけ強くてもだめらしいよ」と述べている場面で示唆されています。

また、五条の高校生時代の一人称は”俺”でしたが夏油に「一人称は”私”、少なくとも”僕”にしろ」と言われた影響か、現在の五条の一人称は”僕”となっています。

そして、五条の好きな食べ物は「甘いもの」です。

五条が甘いもの好きになった理由に関しては、呪術廻戦1巻で「頭を回すために甘いものをよく食べてたらそのまま甘党になった」と記載されています。

これはもしかしたら、鹿紫雲が言っていた「反転術式は頭で回す」というセリフと対応しているのかもしれません。

実際、五条は無下限呪術を常に出しているため、それに伴って反転術式で常に脳を修復し続けています。

また、六眼の影響で目隠しをしていないと脳が疲れてしまうという設定も、五条が甘党になった原因なのかもしれません。

また、五条が苦手なものはアルコールです。

実際、が虎杖に対して「知っているか?五条悟も下戸なんだぜ」と述べていましたし、小説版で七海や家入、伊地知らとの飲み会をしている場面で、五条はノンアルコールしか飲んでいませんでした。

そして、アニメの五条悟の声優は中村悠一さんが担当しています。

中村悠一さんが担当した他のキャラクターとしては、ヒロアカのホークス、ジョジョのブチャラティ、ハイキューの黒尾などが挙げられます。

以上が五条悟の基本情報になります。

スポンサーリンク

無下限呪術

続いて、五条悟の術式について解説していきます。

五条悟の術式は「無下限呪術」です。

無下限呪術とは

無下限呪術とは無限を操作する術式です。

呪術廻戦2巻と8巻にて無下限呪術の数学的な解説がなされており、「五条の作った無限級数の中に含まれるマイナスの自然数によって、物をゆっくりにしたり空間を吸い込んだりする動きが作れる」といった内容が記載されています。

無下限呪術の数学
引用:呪術廻戦

無下限呪術の数学的な解説はこちらの記事でしています。

しかし、呪術廻戦15巻にて、工学修士のTさんによって無下限呪術の設定が間違っていたことが判明します。

詳細は上のリンク先記事で解説していますが、最終的には「無下限呪術は収束先をデザインする術式」と結論が出されていました。

したがって、無下限呪術によって対象を特定の位置に収束させることで、対象を止めたり引き寄せたりできたりすると理解できます。

スポンサーリンク

術式順転「蒼」、術式反転「赫」、虚式「茈」

そして五条は無下限呪術を常に出しっぱなしにしており、全ての攻撃は五条の手前で収束(止まって)してしまいます。

つまり、五条に攻撃を当てるためには、特殊な呪具や術式または領域展延といった方法で無下限呪術を解除しなければなりません。

しかし、仮に攻撃を受けたとしても、五条には反転術式があるため、受けたダメージを回復することができます。

さらに、反転術式で作ったプラスのエネルギーを無下限の術式に流すことで、術式反転も使用できます。

術式反転では「収束」の逆である「発散」の効果を得ることができます。

この収束と発散はそれぞれ、術式順転「蒼」、術式反転「赫」と呼ばれています。

蒼と赫
引用:呪術廻戦

また、五条悟はこの「蒼」と「赫」を掛け合わせることで生成した仮想の質量を打ち込む虚式「茈」も習得しています。

この「茈」は、相当のスピードと破壊力を有しているようで、作中最強格の伏黒甚爾を一撃で倒しています。

虚式
引用:呪術廻戦9巻

このように防御も攻撃も最強クラスの無下限呪術ですが、一応五条悟以外にも無下限呪術を所持している人物はいるとのことです。

しかし、無下限呪術を扱うためには精密な呪力操作を可能にする六眼が必要になります。

そして、六眼と無下限呪術の抱き合わせは何百年に一度しか生まれないようです。

六眼と無下限呪術の抱き合わせ
引用:呪術廻戦8巻

以上が無下限呪術の解説になります。

スポンサーリンク

無量空処

五条悟は領域展開も使用できます。

五条悟の領域展開の名前は「無量空処」です。

無量空処の効果

無量空処の効果は「生きるという行為に無限回の作業を強制する」というものです。

簡単に言うと、無限の情報を流し込むことで対象の脳を機能不全にさせるという効果です。

実際、渋谷事変で使った0.2秒の無量空処でも、真人漏瑚といった特級呪霊を5分以上気絶させることができていました。

七海曰く「当たれば勝ちが確定する」とのことです。

また、領域の押し合いにも強く、漏瑚の領域をあっさりと押し返していました。

まさに最強の領域ですね、、、、

スポンサーリンク

無量空処の元ネタ

そして、無量空処の元ネタになっているのは「帝釈天」であると考えられます。

これは、領域展開の際の掌印が「帝釈天印」であることからわかります。

五条の掌印
引用:呪術廻戦2巻、帝釈天印

帝釈天とは神々の帝王という立場にあり、特に戦闘面で優れていたとされています。

この帝釈天の武神としてのイメージが、五条悟が呪術師最強であることを反映していると考えられます。

以上が五条悟の領域展開に関する解説です。

スポンサーリンク

六眼

五条悟を最強たらしめている能力の一つが六眼です。

六眼の能力を以下にまとめました。

・呪力がめちゃくちゃよく見える
→術式の仕組みを看破

・精密な呪力操作が可能
→呪力のロスがゼロ
→呪力切れを起こさない

呪力がめちゃくちゃよく見える

六眼の能力1つが「呪力をめちゃくちゃよく見ることができる」というものです。

さらに、六眼を使って相手の呪力を詳しく見ることで、その術式を看破することができます。

例えば、呪術廻戦8巻では分身を使って攻撃を仕掛ける呪詛師に対して、分身の中を本物が移動していることを看破していました。

また呪力の流れを見ることで、呪力を帯びていない壁や床も認知できるということです。

この認知の方法は、桜島コロニー編にて大道三代真希が見せた「それ以外が見えていれば、それは見えているも同然」と表現される”無機物の魂の認知”と同様のメカニズムだと思われます。

しかし、六眼は呪力がよく見えすぎてしまうため、常に反転術式を使用している五条ですらサングラスや目隠しをしないと脳が疲れてしまうとのことです。

サングラスの五条悟
引用:アニメ呪術廻戦

ちなみに、五条のサングラスはほとんど真っ暗で、普通の人がつけても何も見えないらしいです。

スポンサーリンク

緻密な呪力操作が可能

六眼の2つ目の能力が「精密な呪力操作が可能になる」というものです。

先程も述べましたが、無下限呪術は精密な呪力操作が必要になるため、六眼を持つ者以外は無下限呪術を使用することはできません。

また、精密な呪力操作によって術式を発動した時のロスが限りなくゼロになるため、呪力切れを起こさなくなります。

ロス呪力がゼロ
引用:呪術廻戦16巻

したがって、六眼は反転術式と相性がいいです。

呪術廻戦20巻で石流が「反転術式は大量の呪力を消費する」と話していることから分かるように、反転術式の弱点は呪力を大量に消費して呪力切れを引き起こしてしまう点です。

しかし、六眼持ちは呪力切れを起こさないため、反転術式を乱発することができると考えられます。

実際、五条は脳を反転術式で回復し続けることで、無下限呪術を出しっぱなしにすることを実現しています。

反転術式使いが呪力切れを起こさなくなるのは、無限に回復できるのと同等なので相当なアドバンテージですよね、、、

スポンサーリンク

六眼を失う可能性

上記のように五条悟を最強たらしめている六眼ですが、ネット上では「五条悟は六眼を失うのではないか」と噂されています。

その噂の根拠となっているのが、呪術廻戦のOPの描写です。

呪術廻戦のOPには今後起こる出来事の伏線が仕込まれているのですが、ここで五条悟の六眼が光を失っているかの描写がなされています。

六眼を失う可能性
引用:アニメ呪術廻戦

また、アプリ版呪術廻戦のOPでは、五条悟の左目が割れるような描写がなされています。

アプリ版呪術廻戦OPの五条悟
引用:呪術廻戦アプリOP

五条が六眼を失う伏線の詳細はこちらの記事で解説しています。

以上が五条悟が六眼を失う伏線についてです。

スポンサーリンク

六眼と天元と星漿体

六眼と天元と星漿体は因果で繋がっていることが知られています。

六眼天元星漿体の因果とは、「500年に1度天元が星漿体と同化する際に六眼が護衛にあたる」というものです。

実際、五条は天元の指名で星漿体の護衛に当たっていました。

しかし、伏黒甚爾という因果の外側の存在によってこの因果が破壊され、星漿体は殺害&天元は同化に失敗(=進化)という結果になってしまいます。

甚爾は因果の外
引用:呪術廻戦17巻

この六眼と天元と星漿体の因果が破壊されたことが引き金となって、羂索(けんじゃく)が五条封印&死滅回游を実行に移すことになりました。

スポンサーリンク

封印&死亡フラグ

獄門疆に封印

五条悟は呪術廻戦11巻で獄門疆に封印されて以来、2023年1月現在まで再登場してません。

五条悟を封印したのは偽夏油こと羂索で、封印した理由は「計画に邪魔だけど強すぎて殺せないから」とのことです。

一方、ネットで「五条」と検索すると「五条 死亡」と出てきます。

しかし、五条はあくまで獄門疆の中に封印されているだけで死亡はしていません。

獄門疆の中は物理的時間は流れていないため、自殺以外で中の人間が死ぬことはないとのことです。

五条が自殺することはない&このまま五条悟が再登場せずに物語が完結することはないと考えられるので、今後何らかの方法で獄門疆から出てくるのは間違いないと思います。

スポンサーリンク

死亡フラグ

2023年1月現時点で五条は死亡していませんが、死亡フラグはあります。

それは、作者が物語の完結において「虎杖、伏黒、釘崎、五条の4人のうち1人だけ死ぬか、1人以外の全員が死ぬかのどっちかだと思う」と発言していることです。

そして、呪術廻戦1期のOPで、途中から釘崎の位置が虎杖伏黒、五条から離れています。

呪術廻戦1期OP
引用:呪術廻戦1期OP

これはもしかしたら、「一人(=釘崎)以外、全員死ぬ」という結末を暗示しているのかもしれません。

五条の死亡フラグはこちらの記事で解説しています。
釘崎の生死はこちらの記事で解説しています。

スポンサーリンク

名言

でも、一人は寂しいよ?
引用:呪術廻戦0巻

・でも、一人は寂しいよ
死にたいと言う乙骨を立ち直らせるきっかけになったセリフ。映画版では最序盤に加えて中盤でも乙骨に活力を与えている。

・僕の親友だよ、たった一人のね
五条が亡くなった夏油について言及したセリフ。五条が夏油に止めを刺した際にもこの言葉を最期にかけたとされている。

・大丈夫、僕最強だから。
五条初登場時のセリフ。先生キャラは上の下くらいの強さのイメージでしたが、五条先生は本当に最強でした。

・死ぬときは独りだよ
・「死んで勝つ」と「死んでも勝つ」は全然違うよ
真価を発揮できていない伏黒を叱咤激励するセリフ。この言葉がきっかけとなって伏黒は領域展開に至った。

・俺だけ強くても駄目らしいよ。俺が救えるのは、他人に救われる準備がある奴だけだ。
反転術式を身につけて最強になった五条ですら、親友の夏油を救えなかった時のセリフ。五条が教員となって強く聡い仲間を育成するきっかけになっていると思われる。

こちらの記事では呪術廻戦の名言ランキングを紹介しています。

スポンサーリンク

おわりに

以上で五条悟に関する解説&考察を終了いたします。

五条悟を見なくなってから久しいので早く獄門疆から出てきて欲しいですよね、、、

また、呪いの王である宿儺との頂上決戦も見てみたいですね!

他の記事では、呪術廻戦の最強キャラランキングや、領域展開の掌印の元ネタ一覧なども作っています。

また、この記事の英語版はこちらです。

是非ご一読ください!!

Comments