天元(てんげん)とは誰!?正体や黒幕説、顔、年齢、同化を考察 [呪術廻戦]

天元呪術廻戦

呪術廻戦の中でも、その正体が最も謎に包まれている存在が天元様です。

呪術廻戦17巻で初登場した際には、目が4つという衝撃的な見た目をしていました、、、

この記事では、天元の年齢や顔、術式、星漿体との同化、黒幕説などについて解説&考察していきます。

天元とは、呪術高専の地下深くで日本国内の結界の基底を担っている人物です。

夏油曰く「天元の結界がなければ高専のセキュリティも任務の消化もままならない」とのことです。

要するに高専の超重要人物です。

天元の居場所は1000個以上ある扉で隠されていて、そのうちの一つが天元のいる薨星宮に繋がっているとのことです。

このように天元は高専の地下にずっといることから、レジィには「引きこもり」と言われていました。

また、基本的に天元は現に干渉しないため、羂索曰く「木か何かだと思ってくれれば良い」とのことです。

スポンサーリンク

年齢と顔

天元の年齢については呪術廻戦20巻時点で明らかになっていません。

天元が生きていた最も古い記録は奈良時代です。

呪術廻戦9巻にて、奈良時代に天元が術師に対する道徳基盤を説いていたことが述べられています。

奈良時代は西暦710〜794年であるため、天元は少なくとも1200歳以上であることがわかります。

また天元は目が4つという衝撃的な顔をしていますよね、、、、

この見た目については天元自身が、「君も500年老いればこうなるよ」と語っています。

人間は500年老いると目が4つになるんですかね、、、、

ちなみにこの目が4つという特徴は宿儺と同じです。

両面宿儺
引用:呪術廻戦14巻

宿儺の正体や術式ついてはこちらの記事で解説しています。

宿儺は1000年前の時点で目が4つあるため、もしかしたら1500年以上生きていたりするのかもしれません。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

スポンサーリンク

術式と同化

天元は「不死」の術式を所持しています。

この不死の術式ですが、寿命では死なないだけなのか、切り刻まれても死なないのかは呪術廻戦20巻の時点では判明しておりません。

しかし、天元の術式は不死ではあっても不老ではないため、天元の肉体は時間と共に老いていくことが明らかになっています。

そして天元は500年老いると、術式の効果によって自我を失うと共に、より高次の存在に進化してしまうことが知られています。

天元は日本国内の結界術の強度を上げる役割を担っているため、天元が自我を失ってしまうのは呪術界および人間社会にとってマズいというわけです。

だからこそ天元は自我を保つために、500年毎に星漿体と呼ばれる新しい肉体に乗り移る(=同化する)必要があります。

実際に作中では、この星漿体として天内理子が登場しています。

天内
引用:呪術廻戦8巻

星漿体とは何かについてはこちらの記事で解説しています。

天元と星漿体の同化は呪術界にとって非常に重要なイベントです。

実際、天元と星漿体の同化は六眼の術師によって導かれるという因果が存在しています。

この因果によって、過去に羂索は天元と星漿体の同化阻止に失敗しています。

この天元と星漿体と六眼の因果の力は凄まじく、羂索は星漿体と六眼を生後すぐに殺害したにも関わらず、同化当日に星漿体と六眼は現れたとのことです。

六眼と天元と星漿体
引用:呪術廻戦17巻

六眼についてはこちらの記事で解説しています。

しかし、伏黒甚爾という因果の外の存在によってこの因果が破壊され、六眼の術師が敗れ星漿体が殺害され、同化は阻止されてしまいます。

引用;呪術廻戦17巻

羂索の目的についてはこちらの記事で解説しています。
伏黒甚爾についてはこちらの記事で解説しています。

同化を阻止されてしまった天元はより高次の存在に進化してしまいます。

しかし、天元は結界術があったため自我を失わずに済んだとのことです。

天元の進化とは「個と他の境界のない存在なること」であったため、結界術で境界を自ら作り出すことで、自我を保つことができたのだと考えられます。

以上が天元の術式と同化に関する情報です。

スポンサーリンク

黒幕説

天元は虎杖らに協力してくれているので味方だと考えられていますが、一方では天元は全ての黒幕なのではないかとも噂されています。

この噂の根拠となっているのが、伏黒が天元を疑っている描写があることと、実際に天元が嘘の情報を流していたことです。

伏黒が天元を疑っていることは、呪術廻戦20巻にて「天元様が羂索と裏で繋がっていて、嘘の目的を俺達に流した可能性も考慮すべきだが、この反応ならそれはないな」というセリフで示されています。

そして天元が実際に嘘の情報を流していたことは、来栖華が東京第1コロニーに出現したことからわかります。

天元は「来栖華は東京第2コロニーにいる」と述べていましたが、実際には来栖華は東京第1コロニーにいました。

天使と津美紀
引用:呪術廻戦20巻、公式ファンブック

来栖華の正体についてはこちらの記事で解説しています。

一応、天元を弁護すると、来栖華は元々は東京第2コロニーにいたが途中で東京第1コロニーに移動した可能性も考えられます。

死滅回遊では基本的にはコロニー間の移動はできないのですが、来栖華の術式は「あらゆる術式を消滅させる」という効果を持っているため、もしかしたらコロニー間を移動できたのかもしれません。

呪術廻戦20巻の時点では天元が黒幕である確たる証拠は上がっていませんので、今後新しい情報が入り次第追記していきます。

スポンサーリンク

九十九由基との関係

天元と九十九由基は仲があまり良くなさそうです。

九十九由基
引用:呪術廻戦16巻

九十九由基に関してはこちらの記事で解説しています。

呪術廻戦17巻では、九十九以外に挨拶をした天元に対して「私には挨拶なしかい、天元」と九十九がキレ気味に話していました。

また、このセリフからもわかる通り九十九だけは天元に対して呼び捨てです。

普通の人間は「天元様」と呼んでいます。

なぜ九十九と天元の仲が悪いのかは明らかにされていませんが、呪術廻戦16巻で九十九が「私もそろそろ天元と向き合わないとね」と話していることから、過去に何かしらの因縁があったことは間違いないです。

筆者の予想では、九十九の目的に対して天元が協力的ではなかったのではないかと予想されます。

九十九の目的は「呪霊のいない世界を作ること」です。

そして、海外では術師や呪霊の発生が極端に少ないことから、天元の結界術は術師や呪霊の発生に深く関連していると考えられます。

したがって、九十九は天元に呪霊の発生しない世界を作るために協力を申し込んだが天元に断れれた可能性や、天元が呪霊の発生の根源である可能性などが考えられます。

今後新しい情報が入り次第、追記していきます。

スポンサーリンク

おわりに

以上で天元の正体に関する考察を終了いたします。

他の記事では九十九の「声が増えない」という発言の意味や、メカ丸以外の内通者が誰なのかについての考察なども行っています。

こちらもぜひご一読ください!

コメント (Comments)

PAGE TOP