九十九由基(つくもゆき)の術式や強さ、目的、正体を考察&解説!

九十九由基呪術廻戦

呪術廻戦の中で、最強の称号である「特級」を冠する術師のひとりが九十九由基(つくもゆき)です。

そんな九十九由基ですが、術式をはじめとして強さや目的、正体などの全てが謎に包まれています。

そこでこの記事では、九十九由基の術式や強さ、目的や正体を考察していきたいと思います。

基本情報

まずは、九十九由基の基本情報についてまとめていきます。

身長173 cm(推定値)
年齢36歳(推定値)
性格陽気、キレ者
ストレス任務
趣味・特技バイク
好きな食べ物チキンブリトー
苦手な食べ物海藻類
等級特級
声優日高のり子

まず、九十九の身長ですが公式発表はなされていません。

しかしながら、呪術廻戦17巻で虎杖らと共に天元に会いにいった場面では、虎杖(173 cm)と同じくらいの身長のように見えました。

したがって、九十九の身長はおおよそ173 cmくらいだと推察されます。

また、九十九の年齢についても公式発表はなされていません。

しかしながら、呪術廻戦11巻(過去編)で九十九は夏油の前に顔を出していました。

この時の九十九の見た目と話し方から察するに、大体25歳前後なのではないかと感じました。

この時の時系列が11年前であるため、現在の九十九の年齢は36歳前後ではないかと推察されます。

九十九の性格は陽気かつキレ者です。

九十九は渋谷事変の最後に虎杖らの救出に現れます。

そんなシリアスな場面にも関わらず、「どんな女が好みだい?」というふざけたセリフ+投げキッス+ハートの背景という陽気な感じで登場します。

九十九由基
引用:呪術廻戦16巻

また、偽夏油と真剣な問答をしている場面でも「ムカつくから皆であいつボコろう」と発言するなど、典型的な根明です。

しかし、これらのふざけた言動の裏には「ラルゥが動く時間を稼ぐ」という明確な目的があり、本当はかなりのキレ者だと思われます。

実際、これからの世界のあり方に対して呪力をどのように扱うべきか長年探求するなど、武闘派というよりは頭脳派だと思われます。

ストレスは任務とありますが、これは九十九が長年任務を受けていないことと対応しています。

九十九は呪いを祓うのは対症療法に過ぎず、むしろ呪いの生まれない世界を作る(原因療法)必要があると考えています。

だからこそ、任務を受けずに呪力についてずっと研究を行っているというわけです。

ちなみに公式ファンブックによると、九十九の給料は任務を受けていないためストップしているとのことです。

まあ、冥冥が500億所持していることや、五条悟が冥冥にお気軽に1000万振り込んでいる様子を見ると、呪術師はかなり儲かる仕事のように思います。

五条悟から冥冥に振込
引用:呪術廻戦8巻

おそらく九十九クラスの術師であれば既に一生遊んで暮らせるくらいのお金を持っていると思うので、給料がなくても問題ないのだと思われます。

また、任務を受けていないにも関わらずクビにならないのは九十九が特級だからとのことです。

「強けりゃなんでもいーじゃん」という五条悟的な思想があるのかもしれませんね。

ちなみに、九十九の声優は日高のり子さんが担当しています。

日高のり子さんが担当しているキャラクターの有名所としては、タッチの朝倉南、るろうに剣心の瀬田宗次郎、名探偵コナンの世良などが挙げられます。

以上が九十九由基の基本情報になります。

スポンサーリンク

術式

九十九の術式は現時点では不明です。

ですので、九十九の術式に関しては予想するしかありません。

手がかりとなるのが、九十九が渋谷事変で虎杖らを救出にきた場面です。

これまでに九十九が術式を使用したのは、この場面だけだと思われます。

引用:呪術廻戦16巻

裏梅が落とした氷塊が鋭利なもので切断されており、その上に式神のようなものが漂っていますね。

この式神は九十九の術式に関連する可能性が高いと思います。

甚爾のように呪霊を飼うこともできますが、その場合格納するのが難しいです(甚爾は呪霊を丸呑みして体の中に格納していた)。

九十九は式神を常に顕現させているわけではないため、術式で顕現/消失させていると考えるのが妥当かと思います。

また、見た目も呪霊という感じではなさそうです。

そして、この式神は「付喪神(つくもがみ)」をモチーフにしているのではないかと筆者は予想しています。

付喪神とは、長い年月を経た道具などに精霊が宿ったものです。

wikipediaによると、「付喪神」は「九十九神」とも表記するとのことです。

また、公式ファンブックでは西宮の術式「付喪操術(つくもそうじゅつ)」の解説にて、この付喪神に触れています。

以上の状況から、九十九の式神が付喪操術を使用できても不思議ではないと思います。

さらに、西宮が使用する付喪操術は空中に浮いたり斬撃を飛ばしたりできることがわかりますが、この特徴はまさに九十九の式神にも当てはまっています。

実際、九十九の式神は空中に浮いていますし、裏梅の氷塊も切断していました。

以上の観点から、九十九の式神は付喪神なのではないかと筆者は予想しました。

そして、九十九の術式は付喪操術関連である可能性が高いと筆者は予想しています。

今後新しい情報が入り次第追記していきます。

スポンサーリンク

強さ

九十九の強さについてですが、当たり前ですが「強い」です。

そこで、九十九がどのくらい強いのか考えていきたいと思います。

まず参考になるのが特級という肩書きです。

呪術廻戦の中で特級を冠する術師はたったの4人しかいません。

五条悟は別格にしても、九十九の強さは乙骨&夏油と少なくとも同等程度であると推察されます。

なんなら、特級最古参+物語終盤での実力初披露であることを考慮すると、九十九は乙骨&夏油を上回る強さを持っている可能性もあります。

次に参考になるのが、渋谷事変で偽夏油を取り逃した際に「すまない、あの時迷った」と述べている点です。

これは「偽夏油を倒そうと思えば倒せた」または「1000万体の呪霊をやろうと思えば止められた」と解釈できます。

いずれの解釈にしても、とんでもない実力を持っていることは間違いないです。

まあ、偽夏油を前にして「どんな女が好みだい?」と冗談をかます余裕を見せているくらいですからね、、、

以上が九十九の強さの参考となる描写になります。

九十九がこのまま実力を披露せずに終わることはないと思うので、今後の展開に期待しましょう!!

スポンサーリンク

名前の由来

九十九の名前の由来は(公式には)明らかになっていません。

しかし、もしかしたら呪術廻戦作者の芥見先生の他作品である「No.9」の主人公の名前「九十九恢勝」が、呪術廻戦の「九十九由基」の名前の元ネタになっている可能性があります。

というのも、他にも芥見先生は「No.9」から設定を引き継いでいます。

例えば「No.9」では、「□x9(ボックスナイン)」と唱えることで9個の箱が出現し、さらに「開(フーガ)」と唱えることで箱から武器をとり出す描写があります。

これは、呪術廻戦13巻で宿儺が炎を出すときに唱える「■」、「開(フーガ)」というセリフと対応していると考えられます。

したがって、「No.9」の主人公の九十九恢勝が、九十九由基の名前の元ネタであると推察されます。

スポンサーリンク

目的

九十九の目的は「呪霊の原因療法」です。

わかりやすくいうと「呪霊の生まれない世界を作ること」です。

九十九はこの目的を達成する方法として以下の2つを挙げています。

呪霊の生まれない世界を作る方法
1, 全人類から呪力をなくす(呪力からの脱却)
2, 全人類に呪力のコントロールを可能にさせる(呪力の最適化)

「1, 全人類から呪力をなくす」はわかりやすいですね。

世界から呪力が無くなれば、呪霊も発生しないというわけです。

サンプルとしては伏黒甚爾が挙げられていました。

伏黒甚爾、よかったな
引用:呪術廻戦13巻

何かしらの方法で全人類を伏黒甚爾のように呪力ゼロにしてしまえば良いというわけですね。

しかし、伏黒甚爾のような呪力ゼロのサンプルは少ないため、「1, 全人類から呪力をなくす」は難しいと11年前の九十九が述べていました。

(現在の九十九は16巻で「初心に還った」と述べており、この「1, 全人類から呪力をなくす」というプランを本命にしている模様です。)

「2, 全人類に呪力のコントロールを可能にさせる」は、わかりやすく言うと「呪術師だけの世界を作る」と同義です。

呪術師は呪力をコントロールできるため、全人類が呪術師となれば呪霊は発生しないというわけです。

これは夏油が目指していた世界ですね。

夏油は非術師を皆殺しにすることで術師だけの世界を実現しようとしていました。

九十九も「非術師を皆殺しにするのが一番簡単な方法」と気づいていましたが、「私はそこまでイカれていない」と述べていました。

ちなみに、夏油だけでなく羂索も似たような着想に至っています。

羂索が行っている死滅回游は呪力を最適化して全日本人を術師に変える儀式であり、ある意味では「2, 全人類に呪力のコントロールを可能にさせる」と同義です。

偽夏油
引用:呪術廻戦11巻

羂索の呪力の最適化プランに対しても、九十九は「呪力というエネルギーを日本が独占すれば、どんな悲劇が生まれるかは想像に容易い」と述べています。

以上の状況をまとめると九十九の目的は「呪霊の生まれない世界を作ること」ではありますが、どちらかというと「人類の不幸を減らすこと」の方が近いかもしれません。

「呪霊の生まれない世界を作ることで人類の不幸を減らすことができるはずだが、この目的を達成するために不幸を生み出しては意味がない」といった感じの思想だと思われます。

やばい思想のキャラが多い呪術廻戦の中でも九十九さんはまともそうでよかったです、、、、

九十九が本気で呪力の最適化プランを実行していたとしたら、知識が凄そうなので、夏油の百鬼夜行よりも大変な結果になっていたと思います。

スポンサーリンク

元星漿体

九十九は元星漿体であったことが呪術廻戦202話で明らかになっています。

202話を読む限り、九十九は天元と同化するつもりだったが、天内というより良い星漿体が出現したことでお払い箱となったのではないかと推察されます。

だからこそ、天元のことを呼び捨てにしたり、クソジジイと呼んだりと仲が悪いというわけです。

また、九十九は天元と同化した星漿体の声を聞くことができます。

これは、呪術廻戦17巻で「どうりで”声”が増えないわけだ」という謎の台詞でも示唆されていますし、202話で天元が九十九に対して「君には聞こえているんだろ?私の中の彼ら(星漿体)の声が」と述べていることからわかります。

声が増えない
引用:呪術廻戦17巻

しかし、なぜ九十九が天元と同化した星漿体の声を聞くことができるのかは依然として不明です。

考えられる理由としては、九十九の術式の効果である可能性や、(脹相が血の繋がった虎杖の死を感じ取れたように)星漿体同士は意思疎通できる可能性などが考えられます。

スポンサーリンク

戦犯!?

九十九由基と検索すると「戦犯」というワードが引っかかります。

これは、九十九が夏油を闇堕ちさせた戦犯であると考えられているためです。

先程述べた通り、九十九は「呪霊の生まれない世界を作る方法」として「術師だけの世界を作ること」を挙げていました。

そして、この話を闇落ちしかけていた夏油にしてしまったのです。

九十九はあくまで手段として「術師だけの世界を作ること」を紹介したのですが、非術師に恨みを募らせていた夏油にとっては、この話は非術師を皆殺しにする格好の大義となってしまったというわけです。

実際、初めて非術師を手にかけようとする夏油の脳裏には九十九の言葉が浮かんでいました。

したがって、確かに九十九が夏油の闇落ちの原因の一つとなっているのは間違いないと思います。

しかし、戦犯と言われるとそれはちょっと言い過ぎかなあとは思います。

九十九の「術師だけの世界を作ること」と夏油の「術師だけの世界を作ること」は似て非なるものです。

個人的には、九十九の話がダメ押しとなっただけで、結局夏油が闇落ちするのは時間の問題のようにも思います。

以上が、九十九がネット上で戦犯と言われている理由です。

スポンサーリンク

おわりに

以上で九十九由基(つくもゆき)の術式や強さ、目的、正体の考察&解説を終了いたします。

他の記事では、呪術廻戦の最強キャラランキングや、領域展開の最強ランキングなども作っています。

ぜひご一読ください!!

Comments