来栖・高羽との絆!五条と釘崎も久々登場![呪術廻戦210話]

呪術廻戦210話では、これまで謎に包まれていた来栖華の過去が明らかになります。

また、今後の方針が合わずに虎杖来栖がバラバラに、、、、

そして、五条釘崎も久々に登場を果たします。

この記事では、呪術廻戦210話の感想と考察を記載しています。

来栖華の過去

呪術廻戦210話では、これまで知られていなかった来栖華の過去が明らかになりました。

来栖はかつて呪霊に飼われていました。

そして、来栖の他にも複数名の子供がその呪霊に飼われていたようです。

210話では、この呪霊が子供達に食べ物を与えている様子が描かれています。

この呪霊が子供を飼っていた理由は記載されていないですが、おそらく育てて食べるためだと思われます。

実際、呪霊が飼っていたのは小さい子供しかいなかったので、おそらくある程度成長した時点で食べているのだと思われます。

そしてこれは、人間版の家畜を表現しているのではないかと推察されます。

210話では、呪霊が人間を餌にして釣りをしている場面も描かれており、人間と呪霊の立場が逆転した世界観を表現しているのだと考えられます。

スポンサーリンク

軍隊の救助に

210話では、なぜ軍隊が死滅回游に参加してきたのかを虎杖らが理解します。

つまり、軍隊は呪術師をエネルギー研究のサンプルとして確保するために死滅回游に参加しています。

ただ、呪力を持たない軍隊は呪霊に勝てないため、軍隊は(呪力回収のために)あくまで羂索にハメられて死滅回游に参加させられているという状況です。

この状況を知った虎杖は軍隊を助ける決断をします。

しかし、この虎杖の判断に反対したのが天使です。

天使は、東京第1コロニーすでに呪力で満ちているため、軍隊を助けて羂索の呪力回収を妨げても意味はないと主張します。

この天使の発言に対して虎杖が「お前らを信用していない」と喧嘩をふっかけます。

この虎杖の発言の「お前ら」は本当のところ「天使宿儺」のことを指していますが、虎杖は「天使と来栖」を指しているかのように言いました。

この虎杖の発言に来栖が不快感を示したことで、虎杖と来栖は別々に行動することになってしまいました。

虎杖来栖を排除しようとした理由は、「来栖が釘崎の代わりになるのが怖かったから」とのことです。

しかし、このように身勝手な理由で来栖を傷つけてしまったことを冷静になった虎杖は後悔し始めます。

スポンサーリンク

来栖と伏黒の関係

210話では、来栖と伏黒が過去に出会っていたことが明らかになりました。

伏黒は過去に玉犬(白)を使って、呪霊に飼われていた来栖に脱出のルートを示し、その後警察に保護させています。

この時の伏黒五条と一緒に行動していました。

また、五条が伏黒を褒めている様子から、おそらく伏黒が玉犬(白)を使って来栖を発見&救助したのだと思われます。

この伏黒に助けられた経験から、来栖は自分も人を助ける人間になることを誓ったようです。

引用:呪術廻戦210話

そして、来栖は天使の反対を押し切って、軍隊を助けるという決断を下します。

さらに、喧嘩をふっかけてきた虎杖も「何か言うことがあるのではなくて?」と冗談混じりに許しています。

来栖華、めちゃくちゃいいやつです、、、、

これによって、虎杖伏黒来栖高羽の結束がより強固なものになりました。

スポンサーリンク

伏線回収

来栖と伏黒の過去については、呪術廻戦199話で伏線が張られています。

呪術廻戦199話で来栖伏黒のことを「運命の人」と呼んでいました。

また、天使は伏黒について「まず君を助けた理由だが、華は君を以前、、、」と述べたところで来栖に中断させられていました。

210話を踏まえると、上記天使のセリフは「華は君を以前から探していた」、「華は君を以前から目標にしていた」といった感じに補完されると思われます。

スポンサーリンク

作者コメント

今週のジャンプの巻末の作者コメントは「あけましておめでとうございます。今年こそは物語を畳んでいけたらと思います。(下々)」でした。

なので、呪術廻戦は来年、再来年くらいには終了する可能性が高いと考えられます。

ちなみに、作者はかつて呪術廻戦には3つの山場があると述べていました。

おそらく、そのうちの2つは渋谷事変と死滅回游であるため、すでに呪術廻戦の2/3は終了した可能性が高いと考えられます。

そして、呪術廻戦の単行本の扉絵は1巻と14巻、2巻と15巻、3巻と16巻、、、と対応関係があることから、呪術廻戦は26巻で終了する可能性が高いとも噂されています。

呪術廻戦扉絵
引用:呪術廻戦1巻, 14巻

呪術廻戦の伏線についてはこちらの記事でまとめています。

そして、呪術廻戦は1巻9話であるため、26巻は234話まで収録されます。

そして、現在210話なので、234話までは残り24話です。

そして、現在呪術廻戦は3週書いて1週休載のペースなので、24話進むには8ヶ月かかる計算です。

したがって、本当に26巻で呪術廻戦が終わるならば今年の9月くらいになると思われます。

しかし、後24話で終わる感じは全くないので、個人的には26巻で終わることはないと思います。

いずれにしても、来年、再来年くらいには終わる感じを出してきたので少し残念ではありますね、、、、

(まあ、芥見先生の性格的に「やっぱり物語を畳めませんでしたあ」みたいに言う可能性も全然ありますが、、、)

スポンサーリンク

おわりに

以上で呪術廻戦210話の感想と考察を終了いたします。

呪術廻戦の感想と考察の一覧はこちらです!

185話186話187話188話189話
190話191話192話193話194話
195話196話197話198話199話
200話201話202話203話204話
205話206話207話208話209話
210話211話212話213話214話

Comments