宿儺の世界斬で乙骨死亡か!? [呪術廻戦マニアが251話を解説]

引用:呪術廻戦251話 呪術廻戦

呪術廻戦251話では、宿儺の世界を断つ斬撃が乙骨と虎杖とリカに直撃しました。

そして、大ダメージを受けた乙骨の領域が崩壊した瞬間に、真希が宿儺に奇襲を決めました。

この記事では、呪術廻戦251話の感想、解説、考察を記載しています。

宿儺の術式をコピーできた理由

呪術廻戦251話では、乙骨宿儺の術式をコピーできた理由が明らかになりました。

乙骨が宿儺の術式をコピーできた理由とは、乙骨が宿儺の指を取り込んだということでした。

これまでに、乙骨のコピーの発動条件は「コピー対象の血肉を取り込むこと」だと示唆されていました。

そして今回、「乙骨が宿儺の指を取り込んだことで、宿儺の術式をコピーした」という描写から、やはり乙骨のコピーの発動条件は「コピー対象の血肉を取り込むこと」であると推察されます。

宿儺の指の最後の一本は五条が(虎杖の死刑を無期限に延期するために)隠し持っていたため、おそらく乙骨は五条から宿儺の指をもらっていたのだと思います。

ここで疑問に思うのは、「宿儺の指を食っても乙骨には受肉しないのか?」、「宿儺は指のありかを探知できる(呪術廻戦1巻の設定)のに、なぜ乙骨が取り込んでいることを感知できなかった?」という点です。

これについては、おそらくリカが宿儺の指を食ったことが関係しているのかもしれません。

公式ファンブックでは、「宿儺の指は、人間には受肉できるが、呪霊には受肉できない(器がもたない)」といった記述があります。

created by Rinker
¥836 (2024/04/23 00:27:01時点 Amazon調べ-詳細)

リカは呪霊と似たようなものなので、そういったイレギュラーで宿儺の指はリカには受肉できなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

虎杖の血が爆発

呪術廻戦251話では、虎杖の血が爆発して宿儺にダメージを与えている様子が描かれていました。

なぜ虎杖の血が爆発したのかについては、おそらく虎杖が赤血操術を身につけているためだと予想されます。

これは、虎杖が加茂と脹相(両者とも赤血操術の使い手)から何かを学んでいた場面から予想できます。

そして、血液を爆発させるのは、まさに脹相のオリジナル技である「超新星」です。

以上から、虎杖は超新星を脹相から学んで使用したと解釈できます。

ただし、なぜ虎杖が赤血操術を使えるのかは以前として不明です。

可能性としては、虎杖の生得術式が赤血操術であったこと、虎杖が九相図の亡骸を取り込んでいたこと、虎杖の肉体を入れ替える能力と関連していること、虎杖自身が宿儺の呪力に浸されて呪具化したのと関連していることなどが考えられます。

スポンサーリンク

九十九の手記

今回、九十九の手記の内容が明らかになりました。

九十九は呪霊のない世界を作るために「魂に関する研究」をして、手記にまとめていました。

その九十九の手記の内容をまとめると以下です。

九十九の手記
・魂は混ざらない(術式が絡む場合を除いて)
・術師と非術師でも完全には混ざらない

以上の情報から、虎杖らは宿儺の中に伏黒の魂が残っていると判断しました。

そして、伏黒の魂を起こせば宿儺と伏黒の同調が弱まると考えました。

宿儺と伏黒の同調が弱まると、伏黒と宿儺の”脳の同調”も弱まるため、天使の術式で「術式(脳に刻まれている)」を消滅させても、伏黒が生き残る可能性が高まるというわけです。

設定が難しい、、、、

スポンサーリンク

乙骨死亡!?

上記の虎杖らの推測通り、伏黒の魂は宿儺の中で生きていました。

しかし、津美紀五条を自らの手にかけた伏黒は生きる意思を失っていました。

それによって、宿儺に反転攻勢のチャンスを与えてしまいました。

そして、宿儺の「世界を断つ斬撃」が乙骨(+虎杖、リカ)に直撃しました。

引用:呪術廻戦251話

今回の描写からははっきり読み取れませんが、乙骨の切断面から背景が見えていたので、乙骨は真っ二つにされた可能性が高いと思われます。

実際、領域が崩壊しているため、乙骨が大ダメージを負ったことは間違いないです。

一方、虎杖とリカについては「世界を断つ斬撃」が直撃はしていないようにも見えるため、ダメージがどの程度なのかはわからないです。

ここで気になるのは、乙骨が死亡したのかという点です。

個人的には、乙骨は死亡していないと思います(思いたい、、、)。

まず、ここで乙骨が死ぬのはちょっとあっさりしすぎのような印象です。

また、頭を潰されない限りは反転術式で修復可能であるため、リカからの呪力供給によって切られた瞬間に修復する(虎杖の心臓を治したように)みたいな展開もあり得ると思います。

また、虎杖については主人公補正でここでは死なないはずなので、同じロジックで乙骨も世界を断つ斬撃から生き残れる可能性があると予想しています。

スポンサーリンク

真希の奇襲

呪術廻戦251話の最後は、真希の奇襲が決まる場面でした。

この場面は、パパ黒五条を奇襲した場面の構図と似ています。

真希は領域をすり抜けることができるため、乙骨の領域が崩壊する前に奇襲を仕掛けることができたのだと推察されます。

宿儺もかなり追い込まれている状態なので、単体でも真希の方が性能が上のような気もしてきました。

スポンサーリンク

呪術廻戦252話の展開予想

呪術廻戦252話では、真希 vs 宿儺の構図になると思います。

なんとなく、真希の方に分があるような印象もあるため、宿儺が何らかの切り札を出す可能性も考えられます。

例えば、「◾️(フーガ)」はまだ出てきていないので、使ってくるかもしれないです。

また、乙骨、虎杖の生死やダメージ感も明らかになると思います。

真希が宿儺に止めを刺して終了とはならないと思うので、主人公虎杖がどうやって活躍するのかに注目です。

来週は休載とのことですので、再来週を楽しみに待ちましょう。

スポンサーリンク

おわりに

以上で呪術廻戦251話の感想・解説・考察を終了いたします。

呪術廻戦の感想と考察の一覧はこちらです!

185話 186話 187話 188話 189話
190話 191話 192話 193話 194話
195話 196話 197話 198話 199話
200話 201話 202話 203話 204話
205話 206話 207話 208話 209話
210話 211話 212話 213話 214話
215話 216話 217話 218話 219話
220話 221話 222話 223話 224話
225話 226話 227話 228話 229話
230話 231話 232話 233話 234話
235話 236話 237話 238話 239話
240話 241話 242話 243話 244話
245話 246話 247話 248話 249話
250話 251話 252話 253話 254話
255話 256話 257話 258話 259話