不死身の秤が死んだ!?頭を潰せば反転術式は使えない!![呪術廻戦188話の感想と考察]

呪術廻戦188話呪術廻戦

呪術廻戦188話で2度目の不死身状態に入った秤と全力モードの鹿紫雲がぶつかります。

一見無敵とも思える大当たりボーナス状態の秤ですが、鹿紫雲はその弱点を的確に見抜き、不死身状態の秤を殺害しようとします。

この記事では、呪術廻戦188話の感想と考察を記載しています。

なお簡単なネタバレを含みますのでご注意ください。

前回までの話で、大当たりボーナス状態の秤は無制限の呪力と全自動反転術式によって不死身となることが明らかになっています。

秤の反転術式
引用:呪術廻戦

一見最強のように見える不死身状態のですが、実は殺す方法があることが明らかになります。

それは、頭を一撃で破壊することです。

というのも、反転術式は頭で回すため、その頭さえ破壊してしまえば反転術式も使用できなくなるというわけです。

ちなみに頭を潰せば反転術式は使えないことは、呪術廻戦6巻の「頭を潰せばゲームセット」という東堂のセリフで伏線になっていたのかもしれないですね。

引用:呪術廻戦

呪霊の体の再生は反転術式ではないですが、頭が体の再生に不可欠な部位であることは一致しています。

よくよく思い返すと、漏瑚が五条悟の頭を攻撃していたことや、乙骨が黒沐死の頭に狙いにいったことなども、体の再生には頭が必要であることの伏線になっていたのかもしれません。

鹿紫雲はその辺の呪術事情に精通していたため、不死身状態の秤を殺せると判断することができただと考えられます。

スポンサーリンク

秤金次は死んだのか

結局秤は頭を潰されてはいませんが、脇腹を大きく抉られてしまいました。

引用:呪術廻戦

同時に大当たりボーナスの時間も終了したため、反転術式で脇腹を修復することもできません。

そんな絶対絶命の状況のなか秤は領域展開しますが、大当たりを引くまでには時間がかかるため、おそらく鹿紫雲の攻撃を耐えるのは難しいと思われます。

従って、秤は死ぬ可能性が高いと考えられます。

実際、最後のコマで「死んでも賭ける!!それが博徒!!」というセリフが挿入されていることからも、秤が一度死ぬことが示唆されています。

そんな秤が逆転できる可能性があるとしたら、最後の領域展開の大当たりボーナスだと思います。

秤の領域展開「坐殺博徒」の大当たりボーナスの効果は当たってからのお楽しみなので、一度は死んだ秤が復活するような大当たりボーナスの効果があってもおかしくないです。

引用:呪術廻戦

秤の領域展開の効果についてはこちらの記事で考察しています。

しかも、命を賭けるという縛りによって、ボーナスの効果が底上げされる可能性も考えられます。

したがって筆者は、秤は一度死ぬが最期に大当たりを引いて復活し、鹿紫雲に逆転勝利を収めるという展開を予想します!!

乙骨よりも強いとされている「ノっている状態の秤」ですら鹿紫雲を倒せないとすると、今後鹿紫雲を倒せるキャラクターがいなくなってしまいます。

また、死滅回遊を終わらせるには400点必要ですが、鹿紫雲から100点取れないとなると他に候補がいないので話のテンポも悪くなると思われます。

なので、おそらくここで秤が鹿紫雲を倒して、鹿紫雲の100点使ってルールの追加が行われると予想します。

鹿紫雲も強者には敬意を払うタイプだと思うので、秤が勝ったら100点使わせてくれると思われます。

スポンサーリンク

感想

188話の感想としてはまず、「無敵時間終わるの早っ!!」ですね。

秤にとって虎の子とも言える4分11秒ですが、一瞬で残り8秒になってビビりました。

しかし、残り時間が8秒しかないにもかかわらず、秤は結構余裕があるような印象を受けました。

来週の領域展開で一発逆転するビジョンがあるのでしょうか、、、、

また、「鹿紫雲ってダメージ受けてるの?」という疑問を感じました。

これまでに鹿紫雲は秤にかなり殴られているはずですが、鹿紫雲の顔や体に血や傷・汚れがないためあまりダメージを受けていないように見えます。

秤の呪力はザラついているため、攻撃力が高いはずなんですけどね、、、

今の所秤の術式は攻撃というよりは防御向きなのかという感じなので、どうやったら今後鹿紫雲にダメージを入れることができるのかは気になるところです。

ひとまず、来週を楽しみに待ちましょう!!

スポンサーリンク

おわりに

以上で呪術廻戦188話の感想と考察を終了いたします。

呪術廻戦189話の感想と考察はこちらの記事でまとめています。

他の記事では、鹿紫雲一の術式の解説や、乙骨の領域展開に隠された秘密なども考察しています。

ぜひご一読下さい!!

Comments