五条 vs 宿儺が本格化![224話を呪術廻戦マニアが解説]

引用:呪術廻戦224話 呪術廻戦

呪術廻戦224話では五条 vs 宿儺が本格化しました。

この記事では呪術廻戦224話の感想と考察を記載しています。

「鱗を剥ぐ」とは?

223話で200%の虚式茈を受けた宿儺は両腕がなくなっていました。

しかし、224話では何事もなかったかのように腕が再生していました。

これは反転術式を使ったのだと思われます。

反転術式にはいくつかのレベルがありますが、宿儺は無くなった腕を生やすことができるレベルの反転術式を使用できます。

実際、呪術廻戦1巻で虎杖の消滅した腕を生やしています。

なので今回も反転術式を使用したのでしょう。

そして、虚式茈を受けた宿儺は「不意打ちを当てたのがよほど嬉しいようだな」と述べました。

さらに「まずはその鱗から剥いでやる」と拳に呪力を集中させました。

この「鱗」とは五条の無下限呪術のガードのことを指していると考えられます。

より強い呪力で無下限呪術のガードを突破しようとしているのではないかと推察されます。

漏瑚がやっていたように、領域展延を使えば五条無下限呪術のガードを突破できますが、今回の描写的に領域展延とは違うと思います)

ちなみに宿儺が五条を「まな板の上の魚」といっていましたが、これは宿儺の術式に関連していると考えられます。

実際、宿儺は「3枚に卸す」や「味見といったところだ」といった感じで、料理の例えをよく使っています。

スポンサーリンク

術式反転「赫」

五条宿儺の殴り合いですが、効果音に「ビタッ」とついているので、無下限呪術が効いていることがわかります。

この殴り合いの最中に五条は人差し指を立てる様なポーズを取りました。

これは術式反転「赫」のポーズです。

その後、宿儺が壁に吹っ飛んでいることからも、これが赫の発動であったことがわかります。

スポンサーリンク

無下限呪術のガードを解除

その後も五条宿儺の殴り合いは続きます。

そして、宿儺のパンチで五条のガードが「ゴリゴリ」という効果音とともに削り取られていきました。

しかしその後、「パシ」という効果音と共に五条宿儺の拳を受け止めました。

おそらく、五条が無下限呪術を使わず宿儺パンチを受け止めたのだと思われます。

これに対して宿儺が驚いていたことから、おそらく五条の意思で無下限呪術のガードを解いたのだと思われます。

五条無下限呪術のガードを解いた理由は不明です。

可能性としては、ガードをしても無意味と判断したのか、攻撃に呪力を回すためかといったことが考えられます。

スポンサーリンク

新宿が崩壊

宿儺も「解」を使って五条に反撃します。

宿儺の斬撃には「解」と「捌」がありますが、今回は通常の斬撃である「解」を使用しました。

五条に放った「解」の余波でビルが真っ二つに割れます。

さらに五条がその辺の道路を宿儺にぶつけたり、崩壊するビルの中で呪力のぶつけ合いをすることで新宿が崩壊していきます。

引用:呪術廻戦224話

ジャンプのコメントには「怪物対決、街がもたない!!」と記載されています。

ただ、宿儺が領域展開して渋谷が更地になってしまったことを考えると、まだ大丈夫な方だと思います。

次回から五条宿儺の戦いが激化していくと思われます。

個人的には最初に五条が押しているのが死亡フラグにしか見えないです、、、、

それに五条が負けないと、その他の高専キャラが動かせないですし、、、、

なのでおそらく次回は宿儺が返しの大技を出してくると思います。

来週は休載(呪術廻戦は最近は月1回のペースで休載)なので、再来週を楽しみに待ちましょう。

スポンサーリンク

おわりに

以上で呪術廻戦224話の感想と考察を終了いたします。

呪術廻戦の感想と考察の一覧はこちらです!

185話 186話 187話 188話 189話
190話 191話 192話 193話 194話
195話 196話 197話 198話 199話
200話 201話 202話 203話 204話
205話 206話 207話 208話 209話
210話 211話 212話 213話 214話
215話 216話 217話 218話 219話
220話 221話 222話 223話 224話
225話 226話 227話 228話 229話
230話 231話 232話 233話 234話
235話 236話 237話 238話 239話
240話 241話 242話 243話 244話
245話 246話 247話 248話 249話
250話 251話 252話 253話 254話