乙骨の領域展開!真贋相愛! [呪術廻戦249話]

引用:呪術廻戦249話 呪術廻戦

呪術廻戦249話では、乙骨 vs 宿儺の戦いが始まりました。

そして、乙骨は領域展開によって一気に決着をつけようとしました。

この記事では、呪術廻戦249話の解説、感想、考察を記載しています。

真贋相愛の元ネタ

呪術廻戦249話では、乙骨の領域展開の名前と効果が明らかになりました。

乙骨の領域展開の名前は「真贋相愛」でした。

掌印の元ネタについてはこちらの記事で解説しています。

「真贋相愛」の漢字の意味としては、以下のような感じだと推測されます。

「真贋相愛」の漢字の意味
真:本物
贋:偽物
相愛:お互いに愛する

要するに、真(乙骨の生得術式)と贋(乙骨がコピーした術式)の両方が使用可能な領域という意味だと推察されます。

「相愛」に関しては、乙骨とリカの関係を表しているとも解釈できます。

スポンサーリンク

真贋相愛の効果

引用:呪術廻戦249話

「真贋相愛」の効果としては、以下のように解説されてました。

「真贋相愛」の効果
・無制限の術式コピー
・コピーした術式の一つの術式を必中

おそらく、乙骨がこれまでにコピーした術式が刀の形でストックされているのだと推測されます。

なので、乙骨が領域内に転がっている刀を振るうことで、これまでにコピーした術式を使用できると思われます。

実際、乙骨は刀を振るうことで、仙台でコピーした烏鷺の術式である「宇守羅彈」を発動していました。

さらに、乙骨の領域には天使の術式が必中効果として付与されていました。(おそらく過去に宿儺を追い詰めた「ヤコブの梯子」が必中だと思われます)

また逆にいうと、乙骨の領域が必中にできる術式の種類は一つだと推察されます。

以上の状況から、乙骨の領域の効果は「無制限の術式コピー」と「コピーした術式の一つの術式を必中にすること」だと推測されます。

スポンサーリンク

虎杖のパンチの秘密

呪術廻戦244話で、虎杖のパンチを受けた宿儺がダメージを受けているかのような描写がありました。

これについて、今回、虎杖のパンチが魂を撃ち抜く効果があることが明らかになりました。

個人的には、虎杖のパンチで伏黒と宿儺を引き剥がせるというのは若干説得力がないような印象もありました。(実際、天使ですら受肉体の引き剥がしは不可能でしたし、また宿儺が伏黒に受肉した際には天使は「宿儺が伏黒の肉体に深く根を下ろす前に引き剥がすしかない!」と述べていました。)

一方、虎杖のパンチで宿儺の魂を引き剥がせる根拠としては、以下が挙げられます。

虎杖のパンチで宿儺の魂を引き剥がせる根拠
・虎杖の術式が関係している
・虎杖が「宿儺の呪力に浸された呪具」となったことが関係している
・虎杖が九十九の「魂の研究」の本を読んだことが関係している
・取り込んだ九相図の術式が関係している

個人的には、上記の根拠の全てが関係しているのではないかと推察しています。

スポンサーリンク

呪術廻戦250話の展開予想

呪術廻戦250話では、乙骨虎杖 vs 宿儺が描かれると思われます。

また、虎杖の打撃で魂を撃ち抜くメカニズムが解説されるかもしれません。

また、真希は領域を素通りできるので、乙骨の領域内に侵入して奇襲をかけてくると予想しています。

気になるのは、乙骨の領域で本当に決着がつくのかという点だと思います。

個人的には、乙骨の領域は宿儺に攻略されると予想しています。

というのも、高専メンバーは真希、猪野、日下部など、まだ若干の余力があります。

なので、高専メンバーが満身創痍になった後に虎杖が決着をつける展開になるのではないかと予想しています。

来週を楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク

おわりに

以上で呪術廻戦249話の感想・解説・考察を終了いたします。

呪術廻戦の感想と考察の一覧はこちらです!

185話 186話 187話 188話 189話
190話 191話 192話 193話 194話
195話 196話 197話 198話 199話
200話 201話 202話 203話 204話
205話 206話 207話 208話 209話
210話 211話 212話 213話 214話
215話 216話 217話 218話 219話
220話 221話 222話 223話 224話
225話 226話 227話 228話 229話
230話 231話 232話 233話 234話
235話 236話 237話 238話 239話
240話 241話 242話 243話 244話
245話 246話 247話 248話 249話
250話 251話 252話 253話 254話