忌まわしき糞喰いの正体を考察 [エルデンリング]

忌まわしき糞喰い エルデンリング

ELDEN RINGの登場キャラに「忌まわしき糞喰い」という人物がいます。

「糞喰い」という衝撃的な名前もさながら、その気持ちの悪い見た目にもインパクトがあります。

また、「忌まわしき糞喰い」のイベントを完走するとエンディングが分岐することから、ELDEN RINGのストーリーにおける重要キャラの一人であります。

そこでこの記事では「忌まわしき糞喰い」の正体について考察していきます。

また、糞喰いのイベントを完走することで見ることができる「絶望の祝福エンディング」についても解説していきます。

本名はミエロス

糞喰いの本名は「ミエロス」です。

糞喰いの本名は「ミエロス」であることは、糞喰いの所持していた剣の名前が「ミエロスの剣」であることからわかります。

また、この「ミエロスの剣」のテキストには以下のように記載されています。

ミエロスの剣
ミエロスは巨人としては矮小であり
酷く醜く、穢れていたという

上の文章から、糞喰いは巨人の一族であったことが推察されます。

しかし「矮小」で「酷く醜く、穢れていた」という文にもあるとおり、糞喰いの見た目は巨人のそれとは全く異なっています。

こんな酷い見た目で生まれてきたことが、糞喰いが呪いを撒き散らす原因になったことは想像に容易いですね。

スポンサーリンク

多くの人を呪ってきた

糞喰いはこれまでに多くの人を殺して、穢してきました。

糞喰いがこれまでに多くの人を殺してきたことは、糞喰い自身が以下のように語っています。

糞喰い
…俺はたくさん殺した、俺はたくさん穢した
数百の呪いが生まれ、数千の呪われた子が生まれ、数万の呪われた孫が生まれ
そこから幾人の俺が生まれ、永遠に殺し、穢し、祝福し続ける

また、「糞喰いの傀儡」のテキストには以下のように記載されています。

糞喰いの傀儡
数え切れぬ人を殺し、穢し
その死体に苗床の呪いを育てた男の霊体
背骨の大剣を振るい、呪詛を咆哮する
糞食いは、己が最後に絶望した
ひたすらに醜く、忌まわしいこの傀儡は
だがその絶望故に、愛でる価値がある。

上の文章から、糞喰いが多くの人を殺して「穢して」きたことがわかります。

また上の文章中での「穢す」とは「死後も呪われ続け、輪廻から外されること」であると考えられます。

糞喰いの「穢す」については「苗床の呪い」のテキストに記載されています。

苗床の呪い
糞食いが殺し、穢した死体に生じる呪い
忌み角に侵された生乾きの宿痾
糞食いは、死体を苗床に呪いを育てる
そうなれば、もはや死は黄金樹に還ることなく
永遠に呪われたままとなるだろう
狭間の地で、最も忌まわしいもののひとつである

糞喰いが殺した死体に呪いをかけることで、「死は黄金樹に還ることなく、永遠に呪われたまま」になることがわかります。

糞喰いの呪い恐るべしですね、、、、、

スポンサーリンク

絶望の祝福エンディング

絶望の祝福

ゲーム中で、糞喰いのイベントを完走すると「忌み呪いの修復ルーン」を獲得できます。

そしてこの「忌み呪いの修復ルーン」でエルデンリングを修復することで、「絶望の祝福エンド」になります。

この「絶望の祝福エンド」について考察していきたいと思います。

まず、「忌み呪いの修復ルーン」のテキストには以下のように記載されています。

忌み呪いの修復ルーン
それは、子も、孫も、その先も
永遠に続く忌み呪いの病巣である
律のすべてが穢れてしまえば
すべての穢れは、穢れでなくなる
すべての呪いに祝福あれ

スポンサーリンク

絶望の祝福エンドでは、上記の忌み呪いの修復ルーンでエルデンリングを修復しているので、狭間の地は「黄金律」に代わって「糞喰いの律」に支配されます。

そしてこの「糞喰いの律」とは、「それは、子も、孫も、その先も、永遠に続く忌み呪いの病巣である」という文章から、「全てが呪われた世界」であると考えられます。

また、先ほどの糞喰いの「、、、数万の呪われた孫が生まれ、そこから幾人の俺が生まれ、、、」という発言から、「糞喰いの律」には呪いを受けた人が他人を呪うことで呪いの無限ループを作ることも含まれていることが推察されます。

さて、どの様にして呪いの無限ループを作るのかについてですが、これには「苗床の呪い」と「祖霊の角」が使用されると考えられます。

苗床の呪い
糞食いが殺し、穢した死体に生じる呪い
忌み角に侵された生乾きの宿痾
糞食いは、死体を苗床に呪いを育てる
そうなれば、もはや死は黄金樹に還ることなく
永遠に呪われたままとなるだろう
狭間の地で、最も忌まわしいもののひとつである

祖霊の角
祖霊の王の角を切り取ったもの
敵を倒したとき、FPを回復する
倒れた王の角を苗床に
幾つもの若芽が開き、光を放っている
それは、死から芽吹いた命であり
死から力を得る

この「苗床の呪い」は「祖霊の角」に呪いを植え付けたものであると考えられます。

苗床の呪いと祖霊の角

祖霊の角は魂を吸収して新しい生命の苗床にする能力があるため、この祖霊の角に呪いを植え付けてしまえば、そこから芽吹いた全ての生命を呪うことできるというわけです。

つまり、下図における「角」の部分を呪ってしまうというわけです。

祖霊の生命のあり様

祖霊の王の追憶
祖霊とは、黄金樹の外にある神秘である
死から芽吹く命、生から芽吹く命
そうした、生命のあり様である

以上の考察から、呪いが呪いを生み続けることで、永遠に呪いが発生し続ける世界が「絶望の祝福エンド」であると考えられます。

「糞喰いの律」が支配する世界はなんとも恐ろしいですね、、、、

みなさんも「忌み呪いの修復ルーン」でエルデンリングを修復することは絶対にやめましょう笑。

スポンサーリンク

おわりに

以上で糞喰いの正体についての考察を終了いたします。

ELDEN RINGはストーリーの解説が極端に少ないので全貌が把握しにくいですよね。

そこで他の記事では、ELDEN RINGのストーリー全体の解説や、全エンディングの解説などもしています。

また、他の考察一覧は以下です。

<神・王>
大いなる意志二本指・三本指エルデの獣マリカ・ラダゴンゴッドフレイ&ホーラ・ルーレナラプラキドサクス

<デミゴッド>
ラニラダーンライカードミケラマレニアゴッドウィンモーグモーゴットゴドリック

<NPC>
メリナフィア糞喰い金仮面シャブリリハイータギデオンラティナネフェリ・ルーアレキサンダーディアロスセレンセルブスエンシャトープスミリセント&ゴーリーヴァイクヒューグローデリカボックブライヴイジーDパッチタニスラーヤヴァレーユラロジェールゴストークケネス・ハイトベルナールエドガートリーナ宵眼の女王

<ボス・敵>
マリケス神肌の使徒巨人ラダゴンの赤狼アステール祖霊の王しろがね人銀の雫死儀礼の鳥ミミズ顔忌み子

<場所>
狭間の地永遠の都ファルム・アズラ円卓

<その他重要な要素>
エルデンリング黄金律褪せ人坩堝死のルーン破砕戦争陰謀の夜エンディングDLC

そして、「フロム以外の死にゲーも挑戦してみたいよ!!」って方は、以下のゲームがおすすめです。

created by Rinker
¥5,941 (2024/02/26 19:26:25時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥8,770 (2024/02/26 19:24:18時点 楽天市場調べ-詳細)

また、ツイッターもやっていますのでフォローしていただけると嬉しいです。

出所:ELDEN RING © 2022 From Software Inc. All Rights Reserved.

この糞喰いに関する記事の英語版はこちらです。