宵眼の女王の正体を考察 [エルデンリング]

モーゴット エルデンリング

ELDEN RINGをプレイしていると「宵眼の女王」という名前を聞くことがあります。

かつては死のルーンを所持しており、マリケスと対決したこともあるのだとか、、、、

しかし、ゲーム中ではテキスト上でしか登場しないため、謎に包まれているキャラでもあります。

そこでこの記事では宵眼の女王の正体を考察していきます。

死のルーンの元所有者

宵眼の女王は死のルーンの元所有者です。

宵眼の女王が死のルーンの元所有者であることは、「黒炎の儀式」と「神肌ローブ」のテキストに記載されています。

黒炎の儀式
神肌の使徒たちの、黒炎の祈祷のひとつ
その高位とされるもの
使徒たちを率いた、宵眼の女王
彼女は、に選ばれた神人であったという

神肌ローブ
滑らかな皮膚を縫い合わせたローブ
神狩りの黒炎を操る使徒たちは
かつて、運命の死に仕えていたという
しかし黒き剣のマリケスに敗れ
それを封印されてしまった

現在、死のルーンは女王マリカの影獣であるマリケスが所有していますが、マリケスの持っている死のルーンは宵眼の女王からを奪い取ったものであることがわかりますね。

スポンサーリンク

神肌の使徒のリーダー

宵眼の女王は神肌の使徒のリーダーでもあります。

宵眼の女王が神肌の使徒のリーダーであることは、「黒炎の儀式」のテキストに記載されています。

黒炎の儀式
神肌の使徒たちの、黒炎の祈祷のひとつ
その高位とされるもの
使徒たちを率いた、宵眼の女王
彼女は、に選ばれた神人であったという

神肌の使徒は神を殺す能力を与えられているため、宵眼の女王は神肌の使徒を使って神を殺していたのではないかと推察されますね。

スポンサーリンク

三本指に見出された神人

最初に、宵眼の女王は三本指に見出された神人であることに言及します。

まず、宵眼の女王が神人であることは、先ほどの「黒炎の儀式」のテキスト中の「彼女は、に選ばれた神人であった」という部分からわかります。

そして、神肌の使徒を用いて神を殺していたという事実と、マリケス死のルーンを巡って争ったという事実から、宵眼の女王は女王マリカと対立する存在であると考えられます。

そして、女王マリカは二本指に見出された神であるため、宵眼の女王は二本指と対立する存在です。

そして、二本指に対立している存在の代表格が三本指です。

元々、二本指と三本指は同じ存在(五本指)であったのですが、思想の違いから二本指と三本指に分裂したという歴史があります。

二本指と三本指

以上の状況証拠を考慮すると、過去における二本指と三本指の争いは女王マリカと宵眼の女王の争いでもあり、勝者であるマリカが現在のエルデの世界に君臨することになったと考えられます。

したがって、宵眼の女王の正体は三本指の見出した神人である可能性が高いと考えられます

スポンサーリンク

宵眼の女王の正体

宵眼の女王はテキスト上でしか登場しないため、宵眼の女王の正体は謎に包まれています。

筆者も色々調べてみたのですが、宵眼の女王の正体についてはマリカ説やメリナ説、ミケラ説など様々な説がありました。

どの説が正しいのかは現時点ではわからないのですが、筆者の予想は「宵眼の女王の正体は火山館でライカードを食った蛇」です。

順を追って説明していきます。

まず、ここまでに判明した宵眼の女王の特徴は以下です。

1、三本指に見出された神
2、神を殺しで有名
3、神肌の使徒たちの親
4、マリケスに敗北

そして、上に挙げた宵眼の女王の特徴とライカードを喰った蛇の特徴が驚くほど関連しています。

「1、三本指に見出された神」については、ライカードの遺体のそばにいたタニスの騎士を倒した後に得られる「坩堝の諸相・喉袋」のテキストで、三本指と蛇の関連が示唆されています。

坩堝の諸相・喉袋
それは、黄金樹の原初たる生命の力
坩堝の諸相のひとつである
かつて、生命は混じり合っていた

坩堝」や「混じり合った生命」は三本指が理想とするものです。

三本指

したがって、全てを喰って坩堝化するというライカードを喰った蛇の思想と、宵眼の女王を神とした三本指の思想が一致しています。

「2、神を殺しで有名」については、ライカードを喰った蛇デミゴッドを喰っていることから、宵眼の女王の特徴と一致しています。

「3、神肌の使徒たちの親」については、まず火山館にいる神肌の貴種を倒したあとに得られる「蛇の羊膜」がライカードを喰った蛇のものであるという点で、宵眼の女王と関連しています。

そして、神肌の貴種は蛇のような尻尾を持っていましたが、これはライカード(=デミゴッド)を喰った蛇が、蛇人を生み出していたことと関連しています。

蛇人の遺灰
溶岩の鞭を振るう、異形の蛇人の霊体
遥か昔から、ゲルミア火山に巣食う老蛇は
デミゴッドを喰らい、蛇人どもを産み落としたという

以上の状況証拠から、神肌の貴種の親(=宵眼の女王)がライカードを喰った蛇である可能性が高いと考えられます。

「4、マリケスに敗北」については、ライカードが「冒涜の爪」を使ってマリケスに挑むことが示唆されていることから、宵眼の女王との関連がうかがえます。

冒涜の爪
死のルーンの片鱗が刻まれた岩片
黒き剣の力を逸らすことができる
陰謀の夜、法務官ライカード
ラニからの謝礼として片鱗を貰い受けた
いつか来る冒涜の時、黒き剣のマリケス
運命の死たる黒獣に挑む切り札として

以上の状況証拠をまとめると、ライカードを喰った蛇=宵眼の女王である可能性が高いと筆者は考えます。

新しい情報が入り次第追記していきます。

スポンサーリンク

おわりに

以上で宵眼の女王の考察を終了いたします。

ELDEN RINGはストーリーの解説が極端に少ないので全貌が把握しにくいですよね。

そこで他の記事では、ELDEN RINGのストーリー全体の解説や、全エンディングの解説などもしています。

また、他の考察一覧は以下です。

<神・王>
大いなる意志二本指・三本指エルデの獣マリカ・ラダゴンゴッドフレイ&ホーラ・ルーレナラプラキドサクス

<デミゴッド>
ラニラダーンライカードミケラマレニアゴッドウィンモーグモーゴットゴドリック

<NPC>
メリナフィア糞喰い金仮面シャブリリハイータギデオンラティナネフェリ・ルーアレキサンダーディアロスセレンセルブスエンシャトープスミリセント&ゴーリーヴァイクヒューグローデリカボックブライヴイジーDパッチタニスラーヤヴァレーユラロジェールゴストークケネス・ハイトベルナールエドガートリーナ宵眼の女王

<ボス・敵>
マリケス神肌の使徒巨人ラダゴンの赤狼アステール祖霊の王しろがね人銀の雫死儀礼の鳥ミミズ顔忌み子

<場所>
狭間の地永遠の都ファルム・アズラ円卓

<その他重要な要素>
エルデンリング黄金律褪せ人坩堝死のルーン破砕戦争陰謀の夜エンディングDLC

そして、「フロム以外の死にゲーも挑戦してみたいよ!!」って方は、以下のゲームがおすすめです。

created by Rinker
¥5,941 (2024/02/26 19:26:25時点 楽天市場調べ-詳細)
【中古】Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー PS4 ソフト PLJM-16514 / 中古 ゲーム

また、ツイッターもやっていますのでフォローしていただけると嬉しいです。

出所:ELDEN RING © 2022 From Software Inc. All Rights Reserved.