復讐者エドガーの正体を考察 [エルデンリング]

エドガー エルデンリング

エルデンリングのNPCの一人に「復讐者エドガー」という人物がいます。

娘のイレーナを殺した人物を殺そうとしている復讐者です。

この記事では、復讐者エドガーの正体を考察していきます。

ゴドリックの配下

エドガーの正体は、ゴドリックの命令でモーン城を管理している人物です。

ゴドリック

エドガー
…ほう、貴公、見ない顔だな
私はエドガー。ゴドリック様から、この城を預かっていたが…
今やご覧の有様よ
…従僕どもが蜂起したのだ
穢れ者とは、よく言ったものだ。心まで穢れているのだろう
…貴公には、申し訳ないことをしたな
何用があったにせよ、モーンの城はもう、応えられぬ
これは、せめてもの詫びだ。受け取ってくれ

上テキストの従僕とは、モーン城に多数配置されていた混種であると考えられます。

ちなみにこの混種ですが、過去にマリカ達に征服された種族であると考えられます。

代表的な混種として鍛冶屋ヒューグが挙げられますが、彼もマリカの命令で神殺しの武器を作っていましたね。

ゴドリックマリカの部下であるため、混種を自由に使える立場にあったと考えられます。

このような背景から、ゴドリックの部下として、エドガーと混種がモーン城の管理にあたっていたのだと考えられます。

ちなみに、混種が反乱を起こしたのは、モーグが黒幕にいたのではないかと筆者は考えています。

モーグ

ヒューグやエドガーの話から示唆されるように、混種は穢れたもの(=差別の対象)とされていました。

モーグの血も穢れているため、モーグと混種に何らかの協力関係があってもおかしくないです。

また、後述しますが、エドガーの娘はおそらくモーグの手先によって殺されています。

以上の状況から、モーグに唆されたことで、混種がエドガーに反乱を起こしたのだと推察されます。

スポンサーリンク

娘のイレーナが何者かによって殺害

エドガーにはイレーナという娘がいます。

エドガー
…貴公、感謝する
おかげで、あの剣を穢れ者どもの手に委ねずにすんだ
…これでもう、私の役目も終わりだ
イレーナを迎えに行き、これからは、娘のために生きるとしよう

しかし、このイレーナですが、エドガーが迎えにいった時にはすでに何者かの手によって殺害されてしまっています。

イレーナ殺害

イレーナの遺体の近くには混種の使用している武器が転がっているため、イレーナを殺したのは混種である、、、、と考えますよね。

しかし、犯人は混種ではないと筆者は考えています。

というのもイレーナの遺体を見たエドガーは以下のように話しています。

エドガー
…見つけ出してやる
お前を、こんな目に合わせた畜生どもを
きっと見つけ出し、根絶やしにしてやるとも…
ああ、イレーナ。きっと、そうしてやるとも…

上の発言から、エドガーは犯人が複数かつまだ生きていることを知っているようです。

もしエドガーが混種のことを頭に描いていると仮定した場合、混種が複数犯かも、まだ生きているのかもわからない(主人公がモーン城の混種を殺しまくった後なので)はずなので矛盾します。

また、主人公がイレーナを殺害した場合、エドガーは奇妙な発言をします。

エドガー
…まさか、貴公
お前も、イレーナを手にかけたのか!
あの娘が何をしたというのだ!

「お前も」というのは明らかにおかしいですよね、、、、

以上の状況は、モーグ指巫女を狩る人物を複数雇っていることを考えると説明がつきます。

つまり、エドガーはモーグの雇った指巫女狩りを指して、必ず復讐すると誓っていると解釈できます。

スポンサーリンク

狂い火の病を発症?

以上の状況から、娘イレーナを殺した犯人を探し出す復讐者となったエドガーですが、彼は狂い火の病に侵されてしまった可能性が示唆されています。

これは、NPC「復讐者エドガー」を倒した時に、「シャブリリのブドウ」を落とすことからわかります。

シャブリリのブドウとは狂い火の病を発症した人の目玉であるため、エドガーが狂い火の病を発症していたことが推察されます。

シャブリリのブドウ
黄色く爛れきった、病み人の瞳
表皮は剥がれかけ、中身はどろりと柔らかく
熟しきった大粒のブドウに似ている
盲目の巫女に捧げれば
彼女を、彼方の灯に導くだろう

狂い火の病に侵されたことで正気を失って、主人公に襲いかかってきたと解釈できます。

ちなみに、別の可能性としては、エドガーはハイータに渡すために「シャブリリのブドウ」を持っていたとも考えられます。

イレーナとハイータ

今後新しい情報が入り次第、追記していきます。

スポンサーリンク

おわりに

以上で復讐者エドガー関する考察を終了いたします。

また、エルデンリングはストーリーの解説が極端に少ないので全貌が把握しにくいですよね。

そこで他の記事では、エルデンリングの全エンディングの解説や、エルデンリングのストーリー全体の解説などもしています。

また、他の考察一覧は以下です。

<神・王>
大いなる意志二本指・三本指エルデの獣マリカ・ラダゴンゴッドフレイ&ホーラ・ルーレナラプラキドサクス

<デミゴッド>
ラニラダーンライカードミケラマレニアゴッドウィンモーグモーゴットゴドリック

<NPC>
メリナフィア糞喰い金仮面シャブリリハイータギデオンラティナネフェリ・ルーアレキサンダーディアロスセレンセルブスエンシャトープスミリセント&ゴーリーヴァイクヒューグローデリカボックブライヴイジーDパッチタニスラーヤヴァレーユラロジェールゴストークケネス・ハイトベルナールエドガートリーナ宵眼の女王

<ボス・敵>
マリケス神肌の使徒巨人ラダゴンの赤狼アステール祖霊の王しろがね人銀の雫死儀礼の鳥ミミズ顔忌み子

<場所>
狭間の地永遠の都ファルム・アズラ円卓

<その他重要な要素>
エルデンリング黄金律褪せ人坩堝死のルーン破砕戦争陰謀の夜エンディングDLC

そして、「フロム以外の死にゲーも挑戦してみたいよ!!」って方は、以下のゲームがおすすめです。

【中古】【18歳以上対象】ゴッド・オブ・ウォーソフト:プレイステーション4ソフト/アクション・ゲーム
created by Rinker
¥5,423 (2024/05/27 20:56:21時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥8,770 (2024/05/27 20:42:35時点 楽天市場調べ-詳細)

また、ツイッターもやっていますのでフォローしていただけると嬉しいです。

出所:ELDEN RING © 2022 From Software Inc. All Rights Reserved.